Menu

ニューヨーク 国連本部で上映されました。

UN_01

みなさまの応援のお陰で、「天から見れば」英語タイトル ”A great Blessing “が国連人権の日に上映していただけることになりました。
ニューヨークの国連関係の方が映画を見てくださり、お電話があり、急遽実現しました。

今回の催しは2012年12月10日、国連人権の日に当たり未だにアフリカその他後進国に見られる
人権に閉鎖的な風習から解放しようと云うテーマです。

ジョージアの映画と、日本の天から見れば(国連バージョン)の二本が上映されます。
人権平和の公演や、人権に関するプレゼンテーション、ミュージックプレゼンテーションと言うスケジュールです。

催しはジョージア出身のルーシー、ルスデン女史と日本の稲森女史のコラボレーションで催されます。

主催
国連の友、稲森アートパフォーミンググループ
共催
ジョージア国連代表部、NYマーテインルーサーキングJRセンターフォアーノンバイオレンス
後援
ガイアメデイア、ニューヘリテージシアターグループ
開催日
2012年12月10日
会場
国連弟2会議場

上映会の様子です。

UN_02

感想をいただきました。

All of the participants in last nights event…celebrating Human Rights Day and the human achievements and rights of the disabled!
Here was the program for the evening.
Please tell Fumiko that her film was very very well received. My deepest condolences to the family for the profound loss of this amazing human being. His story will live forever along with his exquisite paintings!

感想の日本語訳です。

このイベントは、国連人権の日を祝すと同時に、人類による達成と障害者の権利を記念するものでした。
こちらは昨夜のプログラムです。
富美子さんへ、彼女の映画の評判は非常に非常に好評だったことを是非伝えて下さい。
この、類まれな方が亡くなられたことは甚大な喪失です。心からの深いお悔やみをご家族の方へお伝え下さいませ。
しかしながら、彼の人生の物語と、この上なく素晴らしい彼の作品の数々は永遠に生き続けます。

これからも、各映画を世界に届けていけるよう、祈り、動きます。
どうぞ応援よろしくお願いします。
入江富美子